> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 行政書士業務

建設業関連~諫早市入札参加資格審査 

行政書士業務になりますが、

長崎市のお隣 諫早市の入札参加資格審査がはじまります。

期限がありますので注意下さい。

(諫早市HP コピペ)

平成21・22年度「建設工事」、「建設コンサルタント業務等」及び「物品調達(清掃等業務委託含む。)」の入札(見積)参加者の資格審査申請(指名願い)について、申請書様式・提出要項の配布方法及び配布期間、受付期間などをお知らせします。

■申請書様式・提出要項の配布期間
平成21年2月2日から平成21年3月31日まで


■受付期間
平成21年3月2日から平成21年3月31日まで

期限を越えると受付はされません。

詳細は、下記 諫早市HPで確認下さい。
諫早市入札参加資格審査

当方でも、書類作成・提出代行 承ります。
  • 2009.02.13 12:56 
  • Comment : (0) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 行政書士業務

長崎県建設業許可 関連 

建設業法が改正され
H21年4月1日より許可申請書も若干変更されます。

昨年は、経営事項審査申請書が多少変更され、今年は許可申請書です。

長崎県土木部HP

下から三段目
「建設業許可事務ガイドライン」(word)
長崎県土木部 建設業指導班

長崎県以外の都道府県建設業者の方々は、各都道府県建設業指導班にお問い合わせ下さい。

建築士法も改正され、建設業も改正され慌しくなりました。

当方でも、書類作成・提出代行 承ります。
  • 2009.02.09 14:25 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 行政書士業務

行政書士(建築士事務所関係) 

朝から諫早土木へ

建設業の決算変更届

建築士事務所の事業報告書提出のため



さて、建築士法がH20・11・28改正施行されました。
詳細は、長崎県土木部建築課に電話して確認下さい。
(他県の建築士は各々の県建築課へ)


下記は、私が知りえた簡単な情報です。
(HPにリンク貼ってますので建築士関係者は、必ずお読みいただいてチェックしてください)

建築士事務所でH20・6・19以降決算の業者は、決算期後、3ヶ月以内に営業報告書の提出が
義務となりました。お気をつけ下さい。
(個人事務所の場合、決算は12月末ですのでそれより3ヶ月以内)

長崎県建築課

建築士関係として、建築士事務所内に在籍の
管理建築士は講習を受講しておく必要があります。
法改正日から3年以内
(受講していない場合は、管理建築士不在になり建築士事務所の許可が消滅)

長崎県 建築課




また、H20・11・28以降より重要事項説明書の説明・交付義務
日本建築士事務所協会HP


面倒になってきましたがお忘れなき用ご注意下さい。

  • 2009.02.04 19:40 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

> 行政書士業務

行政書士って? 

一般の方から

良く聞かれることは

行政書士って何?


です。

確かに、行政とつくものだから何をしているのだろう?
と思われるみたいです。

基本は、代書屋


というか事務屋


ではないかと・・・


行政官公庁に提出する書類は様々あります。

一般の方に身近なものは

警察署に提出する自動車の車庫証明とか
陸運局に提出する自動車の車検証とか


契約書や書類作成も業務になります


債権督促の内容証明郵便作成とか
(相手がお金を持ってないとどうにもならないのですが)


簡単な和解書作成とか
軽微な交通事故だったのですが示談書とか
最近は、会社と社員の雇用契約解除の合意書とか・・・
     


トラブルの場合はお互い電話で遣り取りしたくないというのと
証拠に残らないというので催告書・警告書・陳情書などの文書作成の依頼があります。



また、遺産相続関係ではもめている場合のみ依頼があります。
遺産分割協議書作成とかそれに付随して銀行関係手続だとか


(銀行関係は、戸籍だけでなく相続人全員の印鑑証明書が必要になるので
 もめている場合はお互い連絡取り合いたくないみたいで依頼になるケースが多いです。)


逆に、遺産分割でもめないようにするために
先手打って 遺言書作成をしたり・・・


一般の場合、何らかのトラブルが無い限りは利用されることは無いと思います。




事業者相手だと


会社設立のための電子定款作成だとか

県庁に提出する許可関係では、
建設業の許可、宅建業の許可、建築士事務所許可とか

建設業や建築士は年に一度報告書提出しますので決算期後の届出だとか

病院(法人)の役員変更届けとか

依頼があります。


なんか色々です。


それを一言で他人に説明するなんて・・・・

不可能でしょう


  • 2009.02.04 16:35 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。